千葉県立 幕張総合高等学校 シンフォニックオーケストラ部

千葉県立 幕張総合高等学校
シンフォニックオーケストラ部

MENU

ようこそ ゲスト さん

follow us

Twitter Facebook
千葉県立 幕張総合高等学校 シンフォニックオーケストラ部

幕総オケ部からのご提案

全国の吹奏楽部、オーケストラ部所属の中高生の皆さま、並びに顧問の先生方へ

こんにちは。千葉県立幕張総合高等学校シンフォニックオーケストラ部顧問の伊藤巧真です。

昨日の緊急事態宣言を受けまして、此処にご提案致します。出来るだけ冷静かつシンプルに、皆さまにお伝えできればと思います。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、皆さまの人生に一度きりの学校生活が失われつつあります。学校だけに限らず、すべての現場においてかなり厳しい状況が続いています。

そのような状況下で日本が他国と比べてなんとか重大な危機を免れているのは、医療従事者の皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。私たちは協力して医療従事者の皆さまの負担を軽減し、その立場を守らなくてはなりません。

さて、私たちも例に漏れず、卒業式、入学式などの大切な学校行事が縮小、延期、中止となりました。部活動でも3年生の集大成であったスプリングコンサートをはじめ、以前から予定していた10以上の本番を失っています。そしてその状況は収まるところを知らず、これからも増えていく予測です。

それらの本番は特に最終学年、3年生の生徒たちが最後の機会と心から楽しみにしていたものばかりです。似たような状況が全国各地の学校で起こっていると推察します。皆さんの気持ちを考えると、私自身もやりきれない思いでいっぱいになります。

また、そのような場面で私としても生徒たちにかける言葉が少しずつ見つからなくなってきており、教師としての自身の未熟さを痛感しています。きっと生徒の皆さん同様に、顧問の皆さまも辛い日々を過ごされていることでしょう。

私もここまでは社会の状況がどのようになっていくのか、ただ伺っているだけでしたが、やはりここで我々に今できること、必要なことを最大限に行っていく、

そして自分自身を含めた皆さまへの「行動変容」を呼びかけていくこと、この状況下で前向きに物事を捉えることができるよう、多くの「可能性」を模索していくこと、

もしそれが皆さまにとって失礼な、不必要な提案であったとしても、今私たちがやらなくてはならないことであろうと考えるようになりました。

社会の現状について納得のいかないことも多くあろうかと思いますが(自分もそうです)、しかし命あっての物種です。

まずは、この緊急事態宣言を受けて我々音楽を楽しむ仲間たちが結束し、その輪を少しずつ広げて2週間から1ヶ月、もしかしたらもっとかかるかもしれません、将来的なピークアウトを目指す心がけを共にしていきましょう。音楽を楽しむ皆さんで支え合い、お互いによりよい影響を与え合いましょう。

私は東日本大震災、原子力発電所の爆発事故を地元福島で経験しましたが、その直後の街の雰囲気はよい意味で特別な「一体感」がありました。生まれて初めて、人の暖かさや温もりを感じました。あれほど「人とのつながり」を実感したことはありません。

目に見えない危機がある、というのは当時と似た状況であるように思います。「自分だけは大丈夫だろう」と思う気持ちに負けず、今一人一人ができることを冷静に考え、声を掛け合いながら変容していきましょう。きっと私たちはあの時のように結束できるはずです。

現在、顧問を務めている千葉県立幕張総合高等学校シンフォニックオーケストラ部では、この緊急事態宣言発令中に5つの「チャレンジ」を打ち出し、生徒と共に実践していくことにしました。もちろん第一に自宅学習に取り組みます。チャレンジの内容については下記の通りです。

【幕総オケ部 30日間 チャレンジ】
①オケ部の公約
(一致団結!オケ部ルール♡)
②おうちで音楽鑑賞教室
(Life with Music at Home #L_M_H)
③テレワークアンサンブルコンサート
(アットホームコンサート♪)
④部内「多重録音ソロ?コンテスト」
(おひとり様コンテスト♩)
⑤おうち時間 with 幕総オケ部
活動紹介 30日 チャレンジ

今後はどうぞ本校シンフォニックオーケストラ部の下記SNSにご注目ください。このような事態だからこそ、将来は笑って話せるような思い出づくりが今こそ大切だと考えます。この1か月間がこれまでのどのような体験より、皆さんを成長させる栄養になるかもしれません。

・Twitter
https://bit.ly/39g3RkW
・Instagram
https://www.instagram.com/mshorchestra/?hl=ja

自分が高校生の頃と比較してインターネットなどの技術がかなり進歩しています。情報モラルに配慮しながらアプリなどもうまく活用すれば、家にいてもできる音楽活動を見つけられるはずです。私たちもその方法を皆で模索しながら部活動としてできることを紹介し、実践していきます。

この空白の時間を、ただただ「空白」だけにしないようにしましょう。

今日をきっかけに、中高生吹奏楽、オーケストラ部員一丸となって変容し、コロナを封じ込めましょう。

千葉県立幕張総合高等学校
シンフォニックオーケストラ部
顧問 伊藤 巧真