千葉県立 幕張総合高等学校 シンフォニックオーケストラ部

千葉県立 幕張総合高等学校
シンフォニックオーケストラ部

MENU

ようこそ ゲスト さん

follow us

Twitter Facebook
千葉県立 幕張総合高等学校 シンフォニックオーケストラ部

幕総オケ部用語の基礎知識

幕総オケ部
幕張総合高等学校シンフォニックオーケストラ部を略して幕総オケ部という。
フルオーケストラの他に吹奏楽やアンサンブルなど様々な演奏形態で活動。
曲目もクラシック音楽だけでなくポップスや映画音楽、ジャズ、ミュージカル、マーチングなどいろいろなジャンルに挑戦。
弦楽器は高校から始めた部員が多数を占める。

オケスト
ミュージカル「ブラスト」からもじり、オーケストラがブラストをするので
オケストと命名したのがはじまり。
ダンス、歌、マーチングを全員が行う。(照明係、音響係は除く)
過去のオケストは「キャッツ」「アラジン」「ライオンキング」「ミスサイゴン」
「魔法にかけられて」「ウエストサイドストーリー」「レ・ミゼラブル」「アナと雪の女王」など。

スパイシーキャッツ
オケ部員による先鋭ダンス隊。吹奏楽形式の音楽に合わせてダンスを披露する。

パフ
オケスト専任のダンス隊。カラーガード(フラッグ)の演技はパフが担当。

タンバリン隊
男子だけのタンバリンダンス隊。メンバーが全員眼鏡をかけているのが特徴。
高速タンバリンが見どころ。

気合いだめ
定期演奏会、スプリングコンサートの開演直前に舞台上にオケ部全員が集合し、気合いを入れるために部長の先導の元、オケ部の標語を復唱する。

オケT
オケ部Tシャツ、通称「オケT」
文化祭や夏休み中の練習や合宿などで部員全員が着用しているポロシャツ。
部員自らがデザインしている。(オケTヒストリーはこちら